緑内障・糖尿病網膜症なら広島のすやま眼科クリニック

白内障について|すやま眼科クリニックサイト

〒733-0011
広島市西区横川町2丁目7-19
横川メディカルプラザ5階


休診日 / 木曜日・日曜日・祝日


午前 / 9:00〜12:00
午後 / 14:00〜17:30

土曜 / 午前 9:00〜12:00
午後 14:00〜16:00

※木曜日に診療を要する場合は、午前中のみ(9:00〜12:00受付)祇園すやま眼科クリニックで対応致します。

白内障について|すやま眼科クリニックサイト

白内障とは

正常な水晶体は透明で、光をよく通します。しかし、さまざまな原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性して、濁ってくることがあります。
これが「白内障」です。

白内障の原因

白内障はさまざな原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものであり、これを「加齢性白内障」と呼んでいます。
個人差がありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁ってきます。
加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。
最近では、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として、若い人の発症が増えています。

白内障の種類と原因

白内障の種類
原因
加齢性白内障
加齢
全身疾患に合併する白内障
アトピー性皮膚炎、糖尿病 など
外傷性白内障
目のけがなど
併発白内障
ぶどう膜炎など
その他
放射線、薬剤(ステロイド剤)

白内障の症状

①かすんで見える
②まぶしくなる。明るいところで見えにくい
③一時的に近くが見やすくなる。眼鏡が合わなくなる。
④二重、三重に見える

水晶体の濁り方と症状

水晶体の濁り方は一人ひとり違いますが、水晶体の周辺部(皮質)から濁り始まることが多く、中心部(核)が透明であれば視力が低下しません。
濁りが中心部に広がると、「まぶしくなる」「目がかすむ」ようになります。
中心部(核)から濁り始めると、「一時的に近くがみえやすくなる」ことがあり、その後「目がかすむ」ようになります。
白内障手術を受けるかどうかお悩みの方へ|すやま眼科クリニックサイト
外来診察にて白内障の経過観察を主に行い、日常生活で支障を来した場合や眼科医の立場から手術治療をお勧めする場合は患者様のご希望があれば、祇園すやま眼科クリニックへの紹介を致します。
不安や心配な点に関しましては、外来でいつでもご相談ください。
白内障手術後の通院について|すやま眼科クリニックサイト
祇園すやま眼科クリニックには手術前1回、手術当日、翌日、その2〜3日後の約計4回の通院をお勧めし、その後大きな問題がない場合は、横川のすやま眼科クリニックへの通院が可能となりますので、そのようなご希望があればご相談下さい。
医療法人 千草会 祇園すやま眼科クリニックはこちらから

Copyright(C) 2009-2018 Suyama Eye CLINIC.ALL RIGHTS RESERVED.